figure

身の回りのものや景色の写真をPC画面上でトレースすることで輪郭線のみを抽出し、キャンバスに3色で描いています。元のモチーフは描線のきっかけにすぎず、それが何だったのかは作品に関与させたくないと考えています。そのため、形を正方形にトリミングすること、モチーフとは関係ない任意の3色で描くことで、モチーフが本来持っていた意味を排除しています。思いがけない、規則性のない形を追求する試みです。

©KASAHARA Mei  2018-